お菓子作り

乳酸菌豊富なチーズでお腹を壊す

これはよく牛乳に当てはまるとはわかるのですが牛乳は乳酸菌が大変豊富なもので飲むとお腹がゴロゴロしてきます。
そして冷たい牛乳を一気に飲んだり、まるまる1本飲み干したりするとお腹を壊したりということがよくありますよね。
このように牛乳には乳酸が豊富に入っていますのでお腹を壊しやすい人が飲むとお腹を壊してしまいます。

そして牛乳からチーズにするとこのゴロゴロの原因の乳酸がなくなりますのでお腹を壊すことが少なくなるようです。
しかしチーズによっては乳酸菌が多めに作られてるものもありますので大量に摂取するとやはりお腹を壊すようですね。
これは牛乳を固形にして食べているようなものですから考えてみれば納得がいく話でもあるようですね。

他の食品もあると思いますがやはり食べ過ぎによるものでお腹を壊すことは当たり前なのでよく聞きます。
ですから食べる分量を調節しながらお腹を壊さないようにチーズを楽しんでみるのはいかがでしょうか。
乳酸菌が多めであればあるほどにお腹は壊し安いので乳酸菌が少ないものを選んで食べるようにしましょう。
このようにチーズでも種類によっては乳酸菌が多いものもありますからそのような場合食べる量を考えましょう。

このページの先頭へ