お菓子作り

チーズの匂いと発酵時間の関連性

まずチーズというものは購入時は包装紙などに含まれていますが開けると独特の香ばしい香りがしますよね。
この香りはチーズ独特のものですから種類や国によってもかなりばらつきがあるものです。
また日本のプロセスタイプの他に海外のカビ付きのブルーチーズなどは独特の香りと味が特徴で苦手な方も多いです。

そしてカッテージに限ってはほとんど香りがないもので味も淡白でお菓子や料理などに好まれて使われます
このチーズはそれぞれの国の発酵の関係なのですが生成している国や熟成期間でも味や香りが変わるようでこれは種類にもよるものも関係しています。
このようにすべてのタイプが一定の匂いではないのでやはりこれは発酵時間と大きく関係があると言えるでしょう。

ですからものによってはプロセスタイプのように少し酸味のある味で酸っぱい感じの匂いのあるものや全く匂いがなくクセのないクリームチーズなどがあるのです。
特に海外の製品には独特の臭みのあるブルーチーズがいい例と言えるのではないでしょうか。
しかしそれほど強烈な臭いというものは無いので日本のプロセスタイプなどはちょっと独特な匂いがありますがこの匂いも味の1つとして楽しんでみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ